親戚の病気がきっかけで保険のビュッフェへ相談をするケース

保険のビュッフェに行くきっかけとは

普段健康でいるような人であれば保険の加入などは考えないことが多いですが、自分と同じように健康にしていた人が急に病気になってしまったりすると、急に自分の身体も大丈夫か心配にもなってくるものです。

特に親戚の病気であれば遺伝的な問題から自分も病気になってしまうのではないかという不安が付いてきますし、それをきっかけに自分の保険について見直しを考えるようなこともあるものです。病気はすべてが遺伝が原因ではありませんが、遺伝的な要素も大きいので不安になったら保険のビュッフェで相談してみても良いでしょう。

 

保険を選ぶ時は細かく相談を

保険のビュッフェでは保険の選び方についての話をすることができますが、相談する時は自分の過去の病気なども正直に話す必要があります。過去に病気をしていたことがあると保険の契約に影響するので隠してしまうような人もいるものですが、隠してしまうといざ保険金を受け取る時に受け取れない可能性も出てくるものです。

嘘の契約内容にならないようにするためにも、話をする時は細かく自分のことを話すようにもしましょう。また、大病をしている親戚がいるのであれば、その病気のことも考慮して選ぶようにしても良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です